治療効果は半永久的?インプラントの心がまえ

インプラントとは

インプラント治療は、人工歯根を顎の骨に埋める手術です。
顎の骨に穴をあけ、人口の歯根を埋め込み、それが骨と結合したらその上に人工の歯をかぶせます。
インプラントは人工歯根(ふぃクスチャー)、連結部分(アバットメント)、人工歯(上部構造)の3つの部品で構成されています。
インプラント治療は、保険が適応されないので、費用は1本30万円前後と効果です。
しかし、保険適応で治療できるブリッジ治療と違い健康な歯を削る必要はありません。
また、入れ歯のようにガタつくこともなく、自身の歯と同じように噛むことができます。
見た目も天然の歯と同様に近づけることが可能です。
しっかりと固定されているので、失った歯の部分の顎の骨が痩せる心配もありません。
異物感や違和感もなく、発音への支障も少なくて済みます。
そして、しっかりと手入れをして定期的なメンテナンスを続けていれば、その治療効果は半永久的に持続することが可能です。
インプラント治療の順序は次の通りです。
まずは、審査と治療計画です。
インプラント治療に必要な審査を行い、インプラント治療が可能かの判断を受けます。
可能の場合、治療計画を立てていきます。
計画が立てられたらフィクスチャー埋入れの手術です。
歯根に相当する部分にインプラントの部品であるフィクスチャーを手術により顎の骨に埋め込む手術です。
局所麻酔を使用するので、痛みを感じることなく手術を受けることができます。
この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間が設けられます。
この期間は3カ月〜6か月です。
骨の質などによりこの期間には個人差があります。
この間、必要に応じて仮歯を入れることもあります。
治癒期間が終わればアバットメントの連結です。
人口の歯の支台となるアバットメントをフィクスチャーに連結します。
この時、簡単な手術を行うこともあります。
そして、人工歯の装着です。
インプラントを含めた口の中全体の型をとります。
その型に従って人工の歯を作成し、アバットメントの受けに人工歯を装着して完成です。
治療終了後、インプラントを長持ちさせるために、適正なホームケアと定期的な健診が必要です。
医師の指示に従い、正しい歯磨きを心掛け、半年に一度、定期健診を受けるようにしましょう。


Copyright(c) 2016 治療効果は半永久的?インプラントの心がまえ All Rights Reserved.